日常生活

【自閉症】息子は調理大好き!オウチdeお好み焼き

食べるのが大好きな息子は、幼児期からお料理に興味津々でした。

夕飯を作っているとキッチンに来てジーっと見たり、今日の夕飯チェックしに来たり。

保育園時代に通っていた児童発達支援事業所でも調理プログラムがあり、食べるのが大好きな息子はクッキングを楽しんでいたそうです。

そして現在通っている放課後デイサービスでも調理プログラムがあり楽しんでいます。

調理プログラムは療育現場でも取り入れられており

感覚を育てる活動として期待出来ます。

【感覚統合】遊びや暮らしの中で感覚を育てる方法療育センターのお勉強の中に「感覚の育ち」というものがありました。 感覚統合療法…外から入ってきた感覚情報を脳の中で交通整理をして環...

息子は食べることが大好きですが、見た目で判断して食べないものもあります。

ある日のデイの調理プログラム、スケジュール表に『お好み焼き』と記載がありました。

お好み焼きは家でも何度か作ったことがありましたが、

息子は全く食べませんでした。

なので、きっと作るだけで食べないだろうな…と思っていましたが、

なんと、

張り切って調理し

しっかり食べた

そうです。

これは家でもお好み焼きパーティーだぁぁぁ!!ということで、

オウチdeお好み焼きパーティーの様子をご紹介します。

【自閉症】調理大好き!オウチdeお好み焼き(動画あり)

息子はホットプレートが登場するとテンションが上がります。

これまでも、たこ焼き、焼肉、焼きそば、ホットケーキなど色々作って来ました。

今回は久々のお好み焼き。

その時の様子がこちら↓↓↓

【自閉症】調理大好き!オウチdeお好み焼き・まとめ

調理プログラムは療育現場でも取り入れられており、感覚を育てる活動として期待も出来ます。

また普段と違うことをすると、

脳が刺激されて

良く眠れるようになり

脳が成長し

色んなことを吸収出来るようになるそうです

(療育センターで教わったこと)

現在コロナ禍で思うようにお出掛けが出来ませんので、息子の好きなことを取り入れて家で工夫していきたいと思っています。

発達障害のお勉強「生活リズムを整える」療育センターで勉強したこと。 「生活リズム」を整えることについては最初の方に勉強しました。 発達障害児は睡眠障害に悩まされること...
ブログランキングに参加中!クリックで応援してね☆