発達障害児の通院

自閉症の子が入院することになったら?サポートブックで備えよう

もし家族が新型コロナウイルスに感染したら…。

今一番不安に感じていることは、自閉症の息子のことです。

●自閉症の息子が感染して隔離入院することになったら??

●私たち夫婦が入院した場合に、息子はどうするの??

以前から、息子が要入院となった場合にどうなるのか不安でした。

低血糖になった時、病院から「この子は預かれない」と言われた

養護学校に入学して間もない頃、息子は胃腸炎にかかりました。かなり激しい嘔吐で吐き気もなかなかおさまらず…。飲食もほとんど出来ず元気もないので、発症から3日後に掛かり付けのクリニックを再受診しました。

すると医師が「念のため、血糖値を計ってみましょう」というので計ったところ

「お母さん、息子さん低血糖になっています。点滴する必要があるので大きい病院を紹介しますね。」

!?!?低血糖?!?!点滴!?

意識はありましたが、紹介先の指示で救急車で移動することになりました。(私も息子も人生初の救急車…)

病院到着後、すぐに処置室へ。私は処置室の外で待ちました。

息子の発狂する声が…。採血して点滴ですからね。痛いし、押さえ付けられるしパニックですよ。

処置が終わってから呼ばれました。

そこで医師から言われたのは…

「低血糖だから本来は入院なんだけどね…、この子は預かれないよ。点滴して、自分で水分摂れるようになるのを確認したら帰れるようにするよ。」

この子は預かれないと言われたショックと、入院しなくても良いんだ…と少し安心した気持ちと半々でとても複雑でした。

その時は入院せずに済みましたが、もし今後入院して治療が必要になった場合に、この子は適切な治療を受けることが出来るのか??とても不安になりました。

そして理解のない環境だった場合は二次障害が生じる可能性もあります。

子供の入院は、大体が親の付き添いが出来ず子供が1人で入院することになると聞きます。

事情次第では付き添いが可能な場合もあるかもしれませんが、現在流行中の新型コロナウイルスのような感染症ですと、隔離入院になりますよね。

不安しかありませんが…

出来ることをするしかないのです。

今出来ること。次の「サポートブック」で備えよう、に続きます。

一番大事なことは「息子について伝えられるようにしておくこと」サポートブックで備えよう

現在新型コロナウイルスが流行していて、息子が感染した場合や私たち両親が入院しなければいけない場合にどうしたら良いのか??不安で悶々としていた時に、息子の養護学校の先生と電話で話す機会がありました。

「こんな時どうしたら良いのでしょう。今までに障害児のあるお子さんが隔離入院した等という情報はありますか?」と聞いたところ

「まだ情報はないので何とも言えないのですが…。

でもお母さん。

一番大事なのは、お子さんについて伝えられるようにしておくことですよ!」

と言われました。

そうだ!!!すっかり大事な部分が抜けていた!!

万が一、自閉症の息子が1人で入院する場合、もしくは夫婦で共倒れになり、誰かに預けなければいけない時。お話が出来ない息子は、自分の意思を伝えることが全く出来ません。何が好きで何が嫌いで、不安なことなど伝えることが出来ません。

対応してくれる方が困りますし、そのことで結果的に本人が一番困ることになります。

養護学校の先生からの助言もあり、息子についての説明書:サポートブックを作成してみました。

普段の健康状態についてや食べ物など。パニックになった時に落ち着くグッズや方法についても重要だと思います。

また、入院の際には「薬の飲ませ方」が明記されている方が良いとの情報も頂きました。

学校やデイサービスの書類に記入することはあっても、自分で作成したことが無かったのです。。。

数枚印刷して玄関に貼っています。

良い機会ですので、関係各所にもお渡ししたいと思っています。

自閉症の子が入院になった時のための備え「サポートブック」まとめ

自閉症の子が万が一入院になった時の備え「サポートブック」について書きました。

まだまだ自閉症への理解も薄く、説明しても理解が得られないことも多いですし説明することが辛くなることもありますが、まずは自分の子供について出来る限り伝えられるようにしておくことで、サポートしてくださる方、そして子供本人が辛い思いをしなくて済むのかな…と思います。私の息子のように発語がない場合は尚更です。

出来る時に出来る範囲で準備してみることをオススメ致します☆

 

ブログランキングに参加中!クリックで応援してね☆