自閉症の息子の成長記録

【自閉症支援】トランジションエリアの実例を紹介

こんにちは。お久しぶりの投稿です。

忙しくしておりました。。。

有難いことに年明けから仕事が激務で、さらに娘の卒業・入学準備やらで、ここ数ヶ月は息子の支援にあまり関われず…(>_<)

ちょっとだけ落ち着いたので、息子のトランジションエリアを紹介したいと思います。

ボチボチブログ投稿も再開していけたら良いなと思っています^^

【自閉症支援】トランジションエリアとは?

トランジションとは

『遷移』『移行』『変化』『過度』という意味で

自閉症支援で言うトランジションエリアとは

『中継地』
『スケジュールを確認する場所』

として用いられる言葉です。

自閉症支援のトランジションエリア
  • 中継地
  • スケジュールを確認する場所
  • 次に何をすれば良いか確認をしに来る場所

我が家のトランジションエリアにある情報はコチラ↓↓

我が家のトランジションエリア
  1. 2週間分のスケジュール
  2. 1日のスケジュール
  3. お支度ボード
自閉症の息子のトランジションエリア

ひとつずつ紹介していきます。

【自閉症支援】2週間分のスケジュール

2週間分のスケジュールで先々の見通しを立てる

カレンダーの理解へのステップとして、2週間分のスケジュールの理解から始めました。

【自閉症】トランジションエリア:2週間分のスケジュール

こちらに表示する情報としては大まかな情報です

  • 学校に行く日
  • お休みの日
  • 学校とデイに行く
  • その他イベント

の理解と見通しを立てるためのものです。

注目枠を使用して『今日』『当日』が分かるようにしています。

ここに、例えば『授業参観』がある日には授業参観のカードを使用したり

自閉症:2週間のスケジュール

休日であれば『動物園』『水族館』などのお出掛けの予定の情報を追加します。

自閉症:2週間分のスケジュール

【自閉症支援】1日のスケジュールで見通しを立てる

もう一つは1日のスケジュール。

1日もしくは半日、ポイントでの見通しで使用します。

自閉症トランジションエリア:1日のスケジュール

使用例)

  • 朝起きてから学校・デイに行って帰宅するまで
  • 帰宅してから寝るまで
  • 休日午前中の予定

などで使用します。

その絵カードに表示されている行動が終了すると、自分でカードを剥がしてフィニッシュボックスに入れます。

自閉症:1日のスケジュール
行動が終了したらカードをフィニッシュボックスに入れます

『行動が終了したらフィニッシュボックスに入れる』という動作は療育センターで身に付いていたので、自宅でスケジュールを使用し始めた時もすぐに出来ました。

【自閉症支援】お支度ボード

お支度ボードで持ち物を確認しながらリュックに持ち物を入れていきます。

9歳自閉症息子のお支度ボード

こちらも上からカードを見て順番にリュックに入れます。

(一つ一つ指差しながら確認して入れている姿が可愛い❤︎)

ここでわざと水筒やお弁当を用意せずに

息子

水筒/ください

息子

お弁当/ください

とPECSでコミュニケーションをする機会を作ります。

こちらも同様に

リュックに入れたものはフィニッシュボックスに投入していきます。

自閉症:お支度ボードのフィニッシュボックス

持ち物準備が完了したら、1日のスケジュールの『準備』のカードもフィニッシュボックスに入れます。

最近は準備がとっても上手になってきています。

トランジションエリアの設置に使用したもの

ディアウォール

壁を傷付けずに壁面収納を作れるディアウォール。

木材の上下に設置して使用します。

セット商品もあります↓↓↓

これは良いですね。


有孔ボード(パンチングボード)

パンチングボードは本当に便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有孔ボード(ラワン素材)【4×900×900mm】
価格:2090円(税込、送料別) (2022/4/5時点)


有孔ボード専用のフックがあれば色んなものをが掛けられて収納にも便利です。

有孔ボードはコーナンで購入しました。

ディアウォール・有孔ボード用ブラケット


有孔ボード(パンチングボード)を固定するパーツです。

ツーバイフォー(2×4)木材


ホームセンターで購入出来ます。

私はコーナンでカットしてもらい車で持ち帰りました。

ネットでも購入出来ますが、本体より送料の方が高くなってしまうのでお近くにホームセンターがあるなら直接購入した方が良いかなと思います。軽トラもレンタル出来るはず。

補足:プロンプト依存にならないためには

息子は、トランジションエリアにあるスケジュールなどの指示に従う・理解は割とスムーズです。

しかし、どちらかと言うと受け身で指示待ちタイプ。

ちょっとしたきっかけから自発的な行動がなくなってしまったり、ミスを恐れることから行動を制限してしまったり、声掛けしないと行動しなくなることがあります。

これは言語プロンプトになってしまっている可能性が高く、声掛けをしないと次の行動に移行しないことも多々あります。

これでは『自立』にはならないので、PECSで学んだ『身体プロンプト』を使いながら少しずつプロンプトを抜いていけるようにしています。

まだ完全に1人では出来ません。

というか、息子の場合、1回1回私を見て

息子

次、これやって良い??

というようなアイコンタクトをしてくるので

私の存在がプロンプトになっている可能性もあり、行動を促進するために、私が気配を消すこともあります。

難しいですね、とっても。

このあたりのお悩みについてはPECSコンサルのネグロン先生から的確なアドバイスを頂きました。また今度詳しく…

【自閉症支援】見通し確認のトランジションエリア・まとめ

自閉症支援には『見通しを立てる』ことはとても大事です。

様々な場面での見通しがあるのでその場面に合わせた支援が必要になってきますが、自立を促すためにも見通しやスケジュールの確認が出来るトランジションエリアの設置は有効だと思います。

見通しが立つことで息子本人が安心すると思います。

事前予告をすることで行動がスムーズになったり落ち着いて行動することが出来ます。

そして

ごちゃごちゃ散乱していた絵カード類もトランジションエリアにまとめて収納できるので、生活も快適になりました。

トランジションエリアはまだ改造途中ではありますが、生活しながら改善していきたいと思います!

自閉症児のパニック回避には「見通しを立てる」ことパニックとは 発達障害・自閉症児に多い「パニック」 パニックとは、泣き叫んだり物を投げたり壊したり激しい興奮状態にあることを言い...
ブログランキングに参加中!クリックで応援してね☆