将来のこと

8歳自閉症息子の今後の課題(出来ないこと・苦手なこと)

息子は重度知的障害を伴う自閉症で現在8歳。
養護学校に通う小学2年生ですが、もう来年は3年生。
早すぎる。。。

あっという間に大きくなりますね。

まだまだ小さいと思っていましたが、すぐに大きくなる。

何せ成長が超スロ〜なので、課題はたくさん。
完全な自立は難しいとは言っても
身辺に関するものは出来ることが多い方が絶対に良い!

今のうちに習慣付けなければ…と感じる今日この頃です。

8歳自閉症の息子の今後の課題(出来ないこと・苦手なこと)を改めて書き出すことで、私自身も目標を決めて一つずつクリアして行きたいと思っています。

8歳自閉症息子の今後の課題・身辺自立編

身辺自立に関しては最優先課題だと思っています。
大分、色々と出来るようになってきたのですが、まだまだ課題があります。

大便がまだ完全に1人で拭けない

Twitterにも投稿した内容なのですが、『大便の時まだ完全に自分で拭けない』ということを学校の先生に相談したところ、あるプリントを下さいました。

息子は自分の意思でトイレに行き、大も小も出来ますが、大便の時は完全に自分で拭くことが出来ません。

それでもトイレットペーパーを手に取ってお尻に当てることは出来ますが、汚れを確認するというところまで至っていません。

息子はプリント記載の

ステップ4:自分で拭くが確認が不十分

の段階ですね。

そして現在、大をしてもあまり汚れないのでチャンスに恵まれずにいます。

チャンスが訪れたら練習あるのみ、ですね。

学校の先生がプリントアウトして下さった内容は、こちらの書籍で紹介されているものです。

トイレで立ち便器で小をする時にお尻を全部出してしまう

小は立っても座っても出来るのですが、座る便器で最初覚えたので、その流れで立ち便器の際もお尻を全部出して用を足してしまいます。

これについては、主人に託していたのですが、全く進まずです…。
主人曰く、前がファスナータイプのズボンじゃないと出来ないというのですが、本当??
息子はゴムタイプのズボンしか持っていません。。。

ファスナータイプのズボンから練習しないとダメ??

これについては、また学校の先生含め色んな先生に相談する予定。

髪の毛が自分で洗えない

身体は泡ボディソープを使って自分で洗えるようになったのですが、髪はまだ難しい。
頭からシャワーのお湯を流されるのが苦手(まだ少し嫌がる)なので、練習自体がなかなか進まないのですが、少しずつ練習しています。

シャンプーを髪の毛に付けてゴシゴシするところは少し出来ます。

問題は髪の毛を濡らす工程。

以前
『前かがみになって頭からお湯を掛けると良いよ』

と、アドバイスを頂いたことがあり試しましたが

ギャー

でした。息子はちょっとダメでした…。

スモールステップで引き続き練習ですね。

『着替え』はあと一歩!

こちらの記事でも紹介していますが、服の前後を時々間違えてしまうので、目印で対応中です。

【自閉症】靴の左右・服の前後を間違えないための工夫自閉症の息子は現在8歳ですが、未だに靴の左右と前後を間違えてしまうことがあります。 服の前後も時々間違えます。絵柄が前にあるものは...

着替えに関してはもう一つ課題があります。

例えば朝の着替えで…

<現在>
トイレ→全裸→着替えを取りに行く→着替える

<理想>
トイレ→着替えを取りに行く→誰も見ていないスペースで着替える

『人前で裸になって着替えない』

ことが課題です。

もし今後誰かの前で着替えるとなった時に全裸はマズいなと。
『人前では着替えない』という練習をしなければ…と思います。

誰もいない部屋で着替えるか、パーテーションなどの陰で着替える工夫をして練習をする予定です。

歯磨き

歯磨きは自分でやろうとして、毎日自分で磨く練習もしていますが、まだまだしっかりと磨くことが出来ないので、私が磨いています。

『キレイになるまで磨く』という感覚って身に付くのかな…?

これも練習ですね。

8歳自閉症息子の今後の課題・生活編

生活面でも練習していきたい課題があります。

牛乳パックや大きめのペットボトルからコップに上手く注げない

固有覚が弱いので、大きいペットボトルから水を注いだり、牛乳パックから注ぐことが上手く出来ません。

今お風呂場で少ない量から練習中です。

雨の日の傘が上手に差せず濡れてしまう

傘はちょうど良い過言で差すことが出来ずに、斜めに差してしまうのでどうしても濡れてしまいます。

これも練習あるのみです!

箸の練習

エジソン箸や補助箸を使うことが出来ますが、普通の箸はまだまだ難しいですね。

感覚的なものが弱いですし腕の力も必要と感じています。

8歳自閉症息子の今後の課題(出来ないこと・苦手なこと)まとめ

将来に向けての課題は山積みですが、習慣は大きくなってから矯正できないこともあるようです。

福祉関係の方に

「大変だと思うけど、身辺に関することは出来るだけ小さい頃から練習して習慣付けると良いよ」

と言われたことがあります。

息子の将来のために、母頑張ります。

ブログランキングに参加中!クリックで応援してね☆